読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PokeViewer

ポケモンコンテンツの紹介と解説ブログ

【動画紹介】ポケモンSM No.2

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。

管理人のPです。

 

今回は動画の紹介です。

紹介する動画はポケモン実況者の「バッヂ」さんの

 

「【ポケモンSM】新しい世界へ!WCS!!【対戦実況】」

 

という動画ですね。URLはこちら↓

 

https://youtu.be/-6JBNXp9EeI

【ポケモンSM】新しい世界へ!WCS!!【対戦実況】 - YouTube

 

ポケモン対戦といえば日本ではシングルレートが主流になっています。読んでくださっている人でもシングルレートはやったことはあるがダブルはない、という方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、世界標準のルールはポケモンではダブルバトルです。シングルルールと比べた特徴ですが

 

・戦略の幅が広がる

・運の要素が少し小さくなる

 

などといった特徴があります。

 

戦略の幅が広がるという点について。

 

ダブルバトルではシングルバトルでは日の目を見ないポケモンも多く登場します。見どころの一つです。

 

バッヂさんの動画でも「ギガイアス」「ペリッパー」といったシングルレート上位層ではあまり見ないポケモンが登場しています。

 

他にも「ウインディ」「カミツルギ」「コータス」などは、シングルでは使用率が低いポケモンですが、ダブルでは高い使用率を保っています。

 

余談ですが

 

3月2日現在使用率ランキング

(ポケモングローバルリンク発表)

カプ・テテフ シングル1位 ダブル1位

ガブリアス シングル2位 ダブル3位

ウインディ シングル圏外 ダブル9位

カミツルギ シングル圏外 ダブル16位

ペリッパー シングル圏外 ダブル12位

コータス シングル圏外 ダブル25位

 

となっています。ガブリアスカプ・テテフなどはシングルでもダブルでも高い使用率を誇っていますね。あと今までずっと環境トップだったガブリアスが最近では2位に甘んじているのが感慨深くもあります。笑。

ポケモングローバルリンク公式ホームページはこちら

 

Pokémon Global Link

 

マイナーポケモンといえば、過去に世界大会で「パチリス」「ライチュウ」といったポケモンを使用したトレーナーが世界一に輝いたことは記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

 

動画はこちら。2016年度にはライチュウ、2014年度にはパチリスが登場しています。

 

ポケモン WCS2016 世界大会 決勝 マスター リーグ 【アリーナ席最前列】 - YouTube

ポケモンWCS2014世界大会決勝戦【マスター】【アリーナ席最前列】 - YouTube

 

天候書き換えや補助技などの要素の重要度がシングルレートに比べて高く、深い戦略の幅が広がっていると言えます。一方で、こうしたシングルレートとの戦略上の違いが参入障壁となり、例えシングルレートの常連者のような人であっても気軽には参加できない状態となっています。

 

この辺は、今回紹介したバッヂさんの動画を見ていただければ少し実感して頂けると思います。試合が終わるごとに丁寧な解説がつけられており、シングルレートのみの経験者にもとてもわかりやすい動画となっています。

 

運の要素が少し小さくなるという点について。

 

これは単純に場に出ているポケモンが多くなるためですね。状態異常「まひ」を考えてみます(今作からまひでポケモンが動かない確率は1/4です)。自分のポケモンが全て動かない確率は1/16です。また、全体技の威力が下がったり、「まもる」を採用しているポケモンが多いという理由で試合が長期化しやすいことも理由にあがります。

 

バッヂさんは普段はシングルレートの動画をあげていますが、今後はこのようなダブルバトルの動画もあげていくことがあるかもしれないと動画内でおっしゃっています。

 

今後のそういった動画もこのブログで紹介していきたいですね。

 

それでは。

 

ポケモングローバルリンク

Pokémon Global Link

 

バッヂさんのYouTubeチャンネル

m.youtube.com

 

バッヂさんのツイッターアカウント